タダリスを個人輸入で買いたい!

タダリス NAVI

タダリスを個人輸入で買いたい!

昨今のグローバル化により、数多くの物が輸入されています。
近年、その中でも最も注目を浴びている輸入品が「勃起不全治療薬」です。
タダリスなどの勃起不全の治療薬はインドの製薬会社で作られており、一般的に日本の薬局などでは販売されていません。
安価な商品であり、薬の効果は同様であることから、日本でも購入希望者が多く、ニーズが存在しています。

タダリスなどは個人輸入でしか購入できません。
日本ではなぜ販売できないかというと、日本では薬に関する特許が存在し、厳しい条件があります。
日本の特許では大きく分けると「成分」と「製造方法」があります。
その為日本では作ることができず、インドから直接個人輸入することとなります。

インドでは、日本や他の国のように特許が厳しくありません。
「製造方法」が違う為、薬を作ることも販売することも可能となっています。

また、数年前から注目されている「ジェネリック医薬品」と言う言葉があります。
ジェネリックとは、後発医薬品とも言われています。
先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造や販売が承認されています。
また、一般的に研究・開発費が安価で抑えることができ、低価格で販売することが可能となっています。

個人輸入については、だれでも簡単に行えることではなく、一定の要件が揃っている個人でないと輸入販売できません。
輸入という点からもわかることですが、当然ながら貿易が関係してきます。
貿易は数々の法律や規制があり、貿易をする際の重要な法律の中の「薬事法」が関係していきます。
個人輸入をする際には、販売目的の輸入はできず、常に自己使用に関する目的での輸入しか認められていません。

このように、簡単に仕入れることもできませんが、多少仕入れることが難しくても、一度使用すると効力に満足をする方が多く、個人輸入により仕入を行う方が増加しています。
法律や規制を破ることは許されませんが、合法的に仕入れることは今後も魅力が大きく見込まれます。